医師紹介

ごあいさつGreeting

患者さんが最善の医療を受けられるように

私は今まで循環器内科医として急性期病院に勤めてきました。カテーテル検査や治療に携わってきましたが、それ以上に、普段の外来診療の重要性も感じていました。

循環器内科医が得意とする症状は、胸痛、胸苦しい、息切れ、むくみ、動悸、失神、などです。これらは狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈を疑わせる症状ですが、患者さんの訴えが診断をつける大きな手掛かりになります。つまり、詳細な問診が重要です。診察時間は患者さんとの会話の時間です。気になる症状があれば何でも仰って下さい。たとえそれが上記の様な循環器疾患と関連無い症状であっても構いません。

風邪、便秘、不眠、足腰が痛い、などの症状は勿論診療します。また、「この症状はどこの病院で診てもらったらいいのか、何科を受診したらいいのか、わからない。」と悩んでいる患者さんは少なくないと思います。そういう患者さんも診療します。勿論これは、私が全ての病気を診断治療できる、という意味ではありません。当院で治療可能な症状は治療しますが、そうでない場合、適切な病院、診療科へ紹介します。それにより、患者さんが最善の医療を受けられるよう、その橋渡し役をさせて下さい。また、昨今、紹介状が無いと診てくれない総合病院も増えてきています。何科を受診したい場合でも当院で紹介状を作成できます。

 

循環器内科 金矢クリニック 院長 金矢 宣紀

 

院長略歴
平成6年 岩手医科大学医学部卒、 岩手医科大学第二内科入局
平成11年 八戸赤十字病院  循環器科 副部長
平成13年 岩手医大 循環器医療センター CCU 助教
平成18年 県立久慈病院  循環器科 科長
平成23年 岩手医科大学  心血管腎内分泌内科 講師
平成26年 盛岡赤十字病院 循環器科 部長
平成30年 循環器内科 金矢クリニック 院長
資格
医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医

▲上に戻る