初診の方へ

保険診療を
受ける皆様へMedical inspection

保険証・医療証とをお持ちください

初診の際は保険証・医療証等を必ずお持ちください。

保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱う事ができません。

 

保険証、又は医療証や健診結果票(他院からの検査結果)は事前に受付にお出しください。 

診療の
予約についてReservation

初診時の事前予約は受け付けておりません。

当日予約のみ受け付けております。

次回来院の予約に関しましては、診察時にご相談ください。

予約状況の確認

診療対象Medical care subject

金矢クリニックではこのような症状を診療しています

胸痛

胸痛の原因は数多く、心臓とは限りません。心臓であれば狭心症、心筋梗塞が代表疾患です。肺に行く血管が詰まる肺塞栓や、大動脈が裂ける急性大動脈解離も鑑別が必要です。逆流性食道炎などの消化器疾患の可能性もあります。あとは、肋間神経痛や骨、軟骨、筋肉といった整形外科的原因、精神的要因から胸苦しくなることもあります。これら原因の中で心臓や血管が原因の場合、命に係わる可能性があり、それを見極める事が重要です。逆に言えば、それ以外が原因の場合は、少々胸が痛い事があっても、そう心配しなくてもいい、と言えます。

動悸

動悸とは心臓の鼓動を強く感じることです。それが心房細動など不整脈が原因の場合もありますが、普通の脈であっても動悸を感じる事はあります。不整脈には、死に至る危険なもの、そうではないが治療が必要なもの、治療が必要無いもの、があります。不整脈が原因で無い場合は、基本的には薬は必要ありませんが、症状が強い場合は投薬の対象になります。貧血や甲状腺機能亢進症なども動悸の原因となります。

息切れ

心臓か肺が悪いと息切れの症状が出現します。様々な原因で起こる心不全や肺気腫が代表疾患です。また、筋力低下や貧血によっても息切れ症状が出現します。

失神

失神の原因は数多く、特殊なものから言えば、低血糖、痙攣発作があげられます。後は最終的に脳の血流が一時的に低下すると失神します。脳血管に問題がある場合もありえますが、可能性としては少ないです。心臓が原因の場合は、洞不全、完全房室ブロックなどの不整脈や大動脈弁狭窄症などがあります。神経反射で血圧が低下する神経調節性失神はよくある原因です。稀に消化管出血などが原因の場合もあります。

足のしびれ、痛み

足に向かう血管が動脈硬化を起こした場合、血のめぐりが悪くなり、足の痛みやしびれが出現する事があります。初めは歩いた時に症状が出現しますが、病状が進行すると安静時でも症状が出現します。神経障害からくる症状との鑑別が必要ですが、両方合併している方も少なくありません。

むくみ

むくみの原因は数多くありますが、心臓が原因かどうかの鑑別は必須です。肝臓、腎臓、内分泌疾患が原因である場合もあります。静脈やリンパの問題である場合もあります。

問診票
ダウンロードDownload

当クリニックではPDFファイルにて問診票をご用意しております。PDFファイルをダウンロードし印刷後、ご記入してご持参いただくことで、スムーズに受診していただくことができ、待ち時間の短縮になります。

 

▲上に戻る